経営理念

事務所の経営理念について


顧問先の心に寄り添い

共に成長し共に発展を目指す

そんなパートナーシップを築きます!



2022年『未来へつなぐ税理士事務所』事務所方針

【2022事務所のテーマ】

 『努力を積み重ね続ける』
 2022年は『未来へつなぐ税理士事務所』の本当のスタートの年です。これから顧問先の事業発展のお役に立てられるよう、社員の皆さんの育成に力を尽くしていきます。2023年の飛躍の年に向けてしっかりと地盤固めしていきます。

 2022年は、心身共に健康であることを大切にして、生産性の高い仕事に注力し残業をすることなく、余暇を勉強、自分磨きや自己投資等、自分の人生のスキルアップのため充実した時間を過ごしてください。

【未来へ事務所の在るべき姿】

〇少数精鋭のプロフェッショナル集団。 

〇税理士事業とコンサル事業の2本柱。

〇顧問先とは運命共同体。
顧問先は共に成長発展するビジネスパートナー。顧問先の事業の発展のサポートに徹することで、必然的に事務所も発展する。

〇変革し続ける事務所。

2022未来へ事務所の個人の意識の持ち方】

    顧問先にとってプロとしてどうあるべきかを問い続ける。

    人の役に立っていることを実感し、「ありがとう」をたくさん頂き、「ありがとう」をたくさん伝えている状態。

    自分のため、家族のため、誰かのため、仕事の目的は様々であるが、なぜ私はこの仕事をしているのか?改めて自身に問い続け、自分の人生をより良くするために、この事務所を活用している状態。

    謙虚と感謝の気持ちが大切。

    情報発信を怠らない。「先に言えば説明、後で言えば言い訳」の徹底。

    私たちが支援するのは経営者。常に経営者意識を持って自律して仕事に取り組むことが大切。

    顧問先から一番に相談される監査担当者であること。

    仕事で生き甲斐を感じ、働けることに喜びを感じられる状態。 

2022年『未来へつなぐ税理士事務所』実践項目

2022未来へ事務所実践項目】

    毎週月曜日に朝礼を実施する。

    『致知』を活用した社内木鶏会を毎月開催。

    ロカベン非財務情報を全顧問先導入しTKC基準を完全達成。

    書面添付・継マス(短期経営計画)全顧問先実践。

    40日決算実施。

    新規顧問先獲得・相続税の申告を増やす。

    202212月期目標売上達成

    新規顧問先関与時のルール化(チェックリストの精度を上げる)

    HP・ブログの活用

    事務所セミナーを2022615日開催

    月次巡回監査時のヒアリングシートによるコミュニケーションの仕組み化

    事務所の評価制度の構築

    各自年間研修50時間受講の徹底

    個人目標設定の活用

⑮ 創造的ビジネスモデルの構築

加藤ルミ子の想い(ビジョン)

【加藤ルミ子の想い(ビジョン)】

私たちの事務所はとても小さい。しかし、私たち一人ひとりが自己研鑽に努め、顧問先支援に精一杯取り組み続けることで、顧問先の事業の発展に貢献することができる。私たちは、顧問先に関わる全ての人々(社員、社員の家族、取引先、地域社会)の幸せの一助となることができる。そして永続する顧問先は、明るい未来へつなぐ架け橋となってくれる。

 私たちの仕事は、毎月同じ顧問先を巡回監査し、毎年同じ業務を繰り返している。しかし中小企業を取り巻く経営環境は、日々変化し、企業のライフサイクルはどんどん短くなっている。顧問先の進むべき方向を明確にする手助けを意識しよう!!

日々、コツコツと取り組み続ける中に自分の成長があり、遣り甲斐があり、いずれは生き甲斐となるでしょう。

 私は、限りある税理士人生の全てをかけて顧問先の事業の発展のお役に立つことに捧げます!!